2018年09月10日

Web Equity 2018結果発表

ウェブサイト価値ランキング1位にANA
2位にJAL、3位にトヨタ自動車

 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役社長・後藤 洋)は、日本の有力企業の242社(一部はブランドを含む)のデジタルメディアの事業貢献度を算定したウェブサイト価値ランキングを発表した。

■1位は全日本空輸(ANA)

 ウェブサイト価値で1位となったのは全日本空輸(ANA)で1,037億円であった。2位は日本航空(JAL)で944億円、以下、トヨタ自動車が742億円、パナソニックが679億円となった。

■ウェブサイト価値ランキング(上位20社)

順位企業・ブランド名ウェブサイト価値(百万円)
1 全日本空輸 103,676
2 日本航空 94,416
3 トヨタ自動車 74,231
4 パナソニック 67,928
5 サントリー 63,433
6 NTTドコモ 61,629
7 au 56,289
8 積水ハウス 53,486
9 ユニクロ 50,989
10 キリン 45,739
11 ヤマト運輸 45,547
12 アサヒビール 44,601
13 本田技研工業 44,218
14 日産自動車 44,050
15 ソフトバンク 41,101
16 TOTO 40,485
17 ソニー 37,966
18 JR東日本 37,250
19 パナソニック ホームズ 36,505
20 JTB 36,438

<調査内容>

 アンケート調査および各社の財務データをもとに事業に対するデジタルメディア全体の貢献度に基づいて各社のウェブサイト価値を算出し、評価した。
アンケート調査は2018年6月のインターネットによる。
アンケート回答者は全国20〜69歳の一般消費者で有効回答数は21,440人。

<調査対象サイト>

 一般消費者向け(BtoC)の事業を行う企業を12の業界に分け、それぞれの業界における有力企業・ブランド合計260(18企業・ブランドはランキング対象外)を選定。

■詳しくは下記をご覧ください。

<調査概要>
http://brand.tribeck.jp/research_service/websitevalue/we/we2018/index.html

<ランキング>
http://japanbrand.jp/ranking/we-ranking/we2018.html

<株式会社トライベック・ブランド戦略研究所について>

 ブランドやオウンドメディアの品質・価値向上を実現させるためのリサーチとマーケティングソリューションを提供している。コンサルティング・サービスのほか、ブランドや企業のデジタルメディアに関する定期的な調査を行い、発表している。主な定期調査には、企業のデジタルメディアの価値を総合的に評価する「Web Equity」、企業情報をユーザーが評価する「企業情報サイト調査」、BtoBサイトのビジネス貢献度を評価する「BtoBサイト調査」、専門家によるウェブサイトの使いやすさを評価する「ウェブユーザビリティ診断」などがある。

URL: http://brand.tribeck.jp/

<本件に関するお問合せ先>

株式会社 トライベック・ブランド戦略研究所
住所:  〒107-0052 東京都港区赤坂7-1-1
TEL:  03-5413-0177
e-mail: mail@brand.tribeck.jp

お問い合わせ・お申し込み

株式会社トライベック・ブランド戦略研究所

〒107-0052

東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル

tel:03-5413-0177 fax:03-5413-0178

お問い合わせ・お申し込みはこちら

当社へのご質問・ご感想などありましたらお気軽にご連絡ください。

PAGE TOP