BtoBサイト調査 2017

BtoB向けサイトの重要性

(1)はじめに
BtoB顧客側におけるウェブサイトの利用は着実に進んでいます。製品・サービスの購入のために最もよく参考にする情報源は企業Webサイトであり、他の情報源を大きく上回っています。
しかも、一般にBtoBサイトはターゲットのアクセス率や購入率がBtoCサイトを大きく上回ります。BtoB企業こそ効果的かつ効率的なマーケティングおよび営業支援のツールとして、Webサイトの有効活用が求められています。

回答者の割合(%)(複数回答)、企業のWebサイト49.6%、営業員・技術員の説明41.8%、業界サイトや専門サイト41.2%、カタログ・パンフレット37.8%、専門雑誌30.0%、テレビ・ラジオ29.4%、インターネット上の口コミ27.8%、ニュースサイト22.4%、展示会21.7%、研修・セミナー18.5%、専門新聞13.6%、その他8.5%

【図1】仕事上の製品・サービスの情報源(2016年)(%、複数回答)

(2)BtoBサイトの有効性
Webサイトの売上貢献度を示す「サイト効果」はBtoBサイトがBtoCサイトを大きく上回ります。
BtoB企業が経営効率を高める上でWebサイトに取り組むことには非常に重要な意義があります。

BtoBサイト効果平均27.9%、BtoCサイト効果平均7.6%

BtoBとBtoCのサイト効果比較(2016年度)

(3)調査目的
BtoBサイト調査2017は、以下の観点から貴社のBtoBサイトの「ビジネスへの貢献度」を明らかにします。

視聴率

  • ・ターゲットに対する到達度
  • ・アクセス経路

ユーザー評価

  • ・コンテンツ評価
  • ・改善要望
  • ・ニーズ充足度とその理由

売上貢献度

  • ・サイト閲覧後のアクション
  • ・購入検討に対するWebサイトの影響度
  • ・Webサイトの売上貢献度

お問い合わせ・お申し込み

株式会社トライベック・ブランド戦略研究所

〒107-0052

東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル

tel:03-5413-0177 fax:03-5413-0178

お問い合わせ・お申し込みはこちら

  • ・BtoBサイト調査の申込用紙はこちら(PDF書類)[64KB] からダウンロードください。

PAGE TOP